日本クアオルト協議会

2017 / 10 / 20 

【10/12-13】第4回日本クアオルト協議会大会in妙高を開催

秋も深まってきた10月12日(木)と13日(金)、新潟県妙高市を会場に「第4回日本クアオルト協議会大会in妙高」を開催し、協議会加盟団体の関係者や妙高市民など、150人が参加しました。今大会のテーマは、「地域資源を活かし、住民も来訪者も健康になれるクアオルトのまちづくりを目指して」。

初日の基調講演では、「日本の課題に挑戦するクオアルト」と題し、東京大学名誉教授の月尾嘉男氏が講演。今の日本が抱える課題を再認識するとともに、日本型クアオルトに期待する強いメッセージをいただきました。
その後、「①住民の健康づくり(健康・医療)」「②観光振興と地域活性化(観光・産業)」「③まちづくり(環境・景観)」の3つの分科会に分かれ、各自治体の事例発表や活発な意見交換が行われました。

また、国の三省の担当者の皆様から新たな国の動向や各種施策に関する情報提供などもあり、有意義な全体会となりました。
2日目の現地研修では、協議会として初めてのガイド研修が行われ、あいにくの天候の中でしたが、参加者の技術向上と交流を深めるよい機会になりました。

今後も当協議会では、日本型クアオルトの拡充、発展に向け、自治体間の一層の連携・強化を図り、質の高い健康保養地の実現を目指し、取り組んでまいります。